Home > 商品情報 > 牛の一枚革を張って鋲で留めた太鼓

牛の一枚革を張って鋲で留めた太鼓

2019年3月20日

みなさん、こんにちは。
今回は、太鼓匠・この道400年の浅野太鼓 長胴太鼓 欅製(バチ付)をご紹介致します。
原木を玉切り(輪切り)して中をくり抜いた一木づくりで、牛の一枚革を張って鋲で留めた太鼓です。
口径より胴の長さが長いことから「長胴太鼓」といいますが、神社などでも使われるので「宮太鼓」とも呼ばれています。
和太鼓といえば長胴太鼓さすほどなじみ深い太鼓で、舞台演奏や囃子、祭礼など、さまざまな場面で目にすることができます。
胴の材質は欅(けやき)と目有(めあり)に大別されますが、音の力強さや響きの良さ、耐朽性、木目の美しさなど、あらゆる点で欅を最上とします。
鋲止め部分から革を断ち切った縁(耳)無しと、革を残した縁(耳)付きの2種類があり、革面には巴を描くこともあります。
胴の塗り(トノコ/マホガニー)と、縁(耳)付き/縁(耳)なしをお選びください。

 太鼓口径      胴高       価格
-------------------------------------------------------------------
・1尺3寸(39cm) 1尺8寸(54cm) 334,800
・1尺4寸(42cm) 1尺9寸(57cm) 496,800
・1尺5寸(45cm) 2尺  (60cm)  696,600

※受注生産のため、お届けまでに多少お時間をいただきますことをご了承ください。
※台はついておりません。

価格(税込・送料別)/¥334,800/496,800/696,600
内容量/太鼓:1、バチ(サービス):1組
発送/普通便