Home > 商品情報 > 若狭地方に伝わる伝統的な保存食

若狭地方に伝わる伝統的な保存食

2019年7月16日

みなさん、こんにちは。
今回は、へしこ漬け いわし糠漬1袋(3尾入)をご紹介致します。
「へしこ」は、魚の糠漬けのことで、若狭地方に伝わる伝統的な保存食です。鯖が最も代表格ですが、銭福屋では、ふぐ、いわし、にしんのへしこもご提供しております。少し変わったへしこという名前の語源は、鯖を糠床に「押し込む」を意味する若狭地方の方言「ヘしこむ」が訛って「へしこ」になったという説がありますが、定かではありません。もともとは、鯖がたくさんとれたときに、保存食用に塩漬けし糠をまぶしたものが始まりです。そんな環境の中で育まれ「へしこ」は、代々各家で伝えられた家庭の味…『魚のおつけもの』といえるかもしれません。冬の若狭地方では、積雪や時化で漁に出られない日も多く、各種ミネラルとアミノ酸のバランスが良い乳酸醗酵食品である「へしこ」は、冬の貴重なタンパク源だったそうです。
糠を拭い取りスライスをしてお召上がり下さい。お好みでレモン汁や甘酢、大根おろし等!かるく焼いて頂くと香ばしさが増します。

価格(税込・送料別)/¥756
内容量/いわし糠漬1袋(3尾入)
原材料/いわし(国産)、米ぬか、魚醤(いわし、さば)、米糀、食塩、赤唐辛子※原材料の一部にサバを含みます。
保存方法/要冷蔵(10℃以下)で保存してください。 開封後は冷蔵保存しお早めにお召し上がりください。
賞味期限/90日間
発送/クール便